㈲川田美術陶板の商品の記事が日本経済新聞に掲載されました。(2022年8月2日)

㈲川田美術陶板さんに関する記事が日本経済新聞(北陸版)に掲載されました。

以下に、全文を掲載いたします。

ペットのお骨納めた写真陶板 石川の川田美術陶板

九谷焼の陶製の板で表札や看板を手がける川田美術陶板(石川県白山市)はペットの遺影とお骨を納める陶板を商品化した。下部にお骨を納める部分があり、透明な上薬で焼き固めている。飼っていたペットを身近に感じてもらうための商品として、ネットで受注する。

陶板の下部にお骨を納める(サンプル)

板の大きさは縦110ミリメートル、横90ミリメートル。価格は税抜きで1万7000円。オプションでスタンドを付けたり、文字を入れたりすることもできる。ペットの写真データをメールまたは郵送で受け付け、お骨の一部を別途送ってもらってから制作する。

同社は写真の画像を焼成した「写真陶板」を手がけている。ペットのメモリアルグッズなどの需要があるが「お骨も一緒にできないか」との相談があり、商品化に取り組んだという。

 

以上、「日本経済新聞北陸版」から全文を引用しました。

 

たくま石川21
〒914-0843
石川県白山市安吉町198 (事務局所在地)
TEL:076-274-1018
FAX:076-274-1023
Mail:jimukyoku3@takuma21.sakura.ne.jp